おしゃれな部屋のポイントは「家具のトーンを統一に」

subpage01

頑張って模様替えを繰り返しているのに、どうやっても部屋がおしゃれにならない…そんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

なかなか部屋がまとまらないのは、もしかしたら、部屋の家具やファブリックのテイストが揃っていないからかもしれません。



例えば、かちっとした印象のモノトーンのチェストの横に、パステルカラーのカラーボックスがあったら、何だか落ち着かない、おかしい感じがしますね。



これは極端な例ですが、家具やファブリックひとつひとつを単体で見ればそんなにおかしくなくても、「ナチュラルとファンシー」「北欧テイストとアジアンテイスト」といったちぐはぐな組み合わせのものが一緒の部屋に置いてあると、よほどセンスある方ならなんとかおしゃれにまとめられるかもしれませんが、それほどスタイリングに自信がない方には、かなり難しいセッティングになると思います。
家具やファブリックに統一感があること。


これがおしゃれな部屋作りの基本です。


今部屋にあるものを配置換えしてもだめな時は、まず、手を休めて、どのようなテイストの部屋にするか方針をしっかり決めるところに立ち戻ってみるのがおすすめです。

思い切って全部買い換える、というのもひとつの手ですが、予算がかけられない、という方は「部屋にあるものの中からメインにするものをひとつ決める」というのはいかがでしょうか。



例えば、気に入っている家具があれば、その家具のテイストに合わせて、カーテンやソファカバーなどのファブリックを変えるようにしてはいかがでしょうか。
ファブリック類は比較的手軽な価格で入手できますから、あまり費用をかけずに統一感のある部屋作りをすることができます。