狭い部屋でも家具が良ければおしゃれに見える

subpage01

男性が一人暮らしを始める際、恋人が訪ねてきたとき素敵な部屋だと思われたいなら、家具を工夫しておしゃれな雰囲気に見せるようにしましょう。

たとえばベッドやソファーは出来るだけ大きめのサイズを選んでください。



部屋が狭いと、つい小さいサイズのものを選びがちですが、男性がそのような家具を利用していてもおしゃれには見えません。



逆に地味でパッとしない人間のように思われてしまうので、大胆に大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。
ベッドはシンプルなデザインのロースタイルを選んだ方が格好いいので、大人の男性に見られます。


ソファーは布張りではなく、スタイリッシュなレザータイプを選びましょう。

クールな雰囲気を演出できるので、異性の好感度をアップさせることが出来ます。
ロースタイルのベッドの枕元の両側に間接照明が付いていれば、さらにムーディな部屋になるでしょう。ベッドに間接照明が付いていない場合は、別途購入するようにしてください。


ラグマットはカラフルなものではなく、モノトーンのデザインを選んだ方が、スタイリッシュな部屋になります。


余計なものが散らかっていると、ダサくなるので、使わないものは収納家具にしまい、おしゃれなインテリア雑貨を飾るようにしましょう。
狭い部屋でも家具の選び方さえ良ければおしゃれに見えるので、近くのお店に気に入ったものがないときは、インターネット通販で探すようにしてください。


セール時期に注文すれば、通常よりも安い価格で購入できます。